受注処理の流れ【Yahoo!ショッピング】 ID:41360

本システムとYahoo!ショッピングを連携させた際の受注処理の流れをご案内いたします。

1.API利用時の受注処理の流れ

■自動化される処理の概要

Yahoo!ショッピングとの連携に受注APIを利用すると、下記の処理を自動化できます。

・Yahoo側の受注データの取り込み

・Yahoo側の入金情報の取り込み (前払い決済の注文のみ)

・本システムからYahoo側への出荷情報反映(ステータス更新)

※注文受付後にYahoo側で内容の確認や修正が必要な場合は、APIではなく受注CSVをご利用ください。

■受注処理の流れ

■処理内容の詳細と関連マニュアル

画像番号 処理内容 詳細 マニュアル
1 受注メール取込 Yahoo側の注文確認メールを本システムに転送することにより、[新規受付]に受注伝票が作成されます。 受注メールの取込設定 必須
設定
2 受注データ取込 およそ15分に一度のタイミングでAPI通信によりYahoo側の受注データを取り込みます。
受注データの取り込み後、本システムの受注伝票は[確認待ち]以降へ移動します。
API認証情報の登録
(下記 ※1 参照)
必須
設定
配送希望日と時間帯の取込設定 要確認
未オーソリ / オーソリNG受注の管理設定 要確認
3 入金データ取込 Yahoo側の入金データを取り込むことにより、[入金待ち]の受注伝票を入金済に更新します。決済以外の条件も整っていれば、[印刷待ち]に進みます。 入金済データの取込設定(API) 任意
設定
4 出荷情報反映 本システムでの出荷確定処理後、Yahoo側に出荷情報(送り状番号など)を送信し、Yahoo側のステータスを[完了]に更新します。 店舗のステータス更新と配送番号反映(自動) 任意
設定
店舗のステータス更新と配送番号反映(手動) 任意
設定

※1:「API認証情報の登録」は上記24の処理を行うために必要な設定です。

2.CSV利用時の受注処理の流れ

■操作概要

受注CSVを利用した場合、主に下記の操作が必要です。

・Yahooにて受注CSVを出力し、本システムに取り込む

・Yahoo側の入金済データの取り込み (前払い決済の注文のみ)

・本システムにて出荷済データを出力し、Yahooへ取り込む

■受注処理の流れ

■処理内容の詳細と関連マニュアル

画像番号 処理内容 詳細 マニュアル
1 受注メール取込 Yahoo側の注文確認メールを本システムに取り込むことにより、[新規受付]に受注伝票が作成されます。 受注メールの取込設定 必須
設定
2 受注CSVファイル取込 Yahoo側にて出力した受注CSVファイルを本システムに取り込みます。取り込み後、本システムの受注伝票は[確認待ち]以降へ移動します。 配送希望日と時間帯の取込設定 要確認
未オーソリ / オーソリNG受注の管理設定 要確認
受注CSVファイルの出力項目を設定 必須
設定
受注CSVファイルのダウンロード 必須
操作
3 入金データ取込 Yahoo側の入金データを取り込むことにより、[入金待ち]の受注伝票を入金済に更新します。決済以外の条件も整っていれば、[印刷待ち]に進みます。 入金済データの取込(手動) 任意
操作
4 注文ステータス更新 本システムにて出荷済みデータを出力し、Yahoo側にアップロードします。これによりYahoo側のステータスが[完了]に更新されます。 注文ステータスを完了に更新(CSV) 任意
操作