未オーソリ / オーソリNG受注の管理設定【Yahoo!ショッピング】 ID:10241

クレジット決済やPayPayあと払いなどで、[未オーソリ][オーソリエラー](オーソリNG)の受注伝票を[確認待ち]ステータスに止める設定です。
未設定の場合、未オーソリ・オーソリエラーの受注伝票も[印刷待ち]ステータスに進んでしまいます。

※2017年7月5日以降に新規登録した店舗については本設定が自動登録されるため設定不要です。
それ以前に登録した店舗にて受注管理を始める場合は、必ず設定を行ってください。

1.設定方法(受注確認内容設定)

作業用欄に記載されている文言をもとに、該当の受注伝票を[確認待ち]ステータスに止めます。

■作業用欄に記載されるメッセージ
・「未オーソリ」   →[決済ステータス]決済申込中
・「オーソリエラー」 →[決済ステータス]オーソリエラー

【本システム画面】

  1. [設定]→[受注]より[受注確認内容]をクリック
  1. Yahoo店を選択
  2. 「作業用欄に●●●が含まれています」にチェック
    (●●●には設定値が表示されます)
  3. 設定値に「決済ステータス」が含まれているか確認
    (上記キーワードが含まれていない場合は追加してください)
    ※半角カンマ(,)区切りで複数の値を登録可能
  1. [確認内容を保存]をクリック


未オーソリ/オーソリNG受注を取込むと、[確認待ち]ステータスに止まります

2.未オーソリ・オーソリエラー受注を取込むタイミングとは?

2016年9月8日、Yahoo!ショッピングのクレジット決済の仕様が変更となりました。
外部決済システムに障害が発生した時のみ、未オーソリ・オーソリNGのご注文も受付可能となり、
本システムにも受注確認メールが送信されるようになりました。

2-1.障害発生時「未オーソリ」となった受注の取り扱い

Yahooから送信される受注確認メールをもとに、未オーソリの注文も[新規受付]に受注伝票が作成されます。

2-1.障害復旧後の受注の取り扱い

復旧後、受注APIまたは受注CSVにより受注データを取込むと、オーソリエラーの注文も受注伝票が[確認待ち]以降に起票されます。

受注CSVご利用時の注意

外部決済システムに障害が発生した場合、Yahoo側で受注CSVデータを出力すると、未オーソリの受注データも含まれてしまいます。 本ページ「1:設定方法」をご参照の上、未オーソリの受注伝票を[確認待ち]に止める設定を行ってください。