受注キャンセルを店舗に自動反映【Yahoo!ショッピング】 ID:12910

本システム上で受注伝票をキャンセルした時に、Yahoo!ショッピングの注文ステータスを自動で「キャンセル」にする機能の設定方法です。

※Yahoo!ショッピングでは注文をキャンセルすると二度と有効にすることが出来ません。
自動でキャンセルする場合は十分ご注意ください。

1.事前の確認事項

■事前に必要な設定
本機能を利用する場合、YahooのAPI認証情報を本システムに登録し、APIでの連携を開始する必要があります。
未設定の場合は下記をご参照ください。

API認証情報の登録【Yahoo!ショッピング】

■本システムにテストで取り込んだ注文のキャンセルについて
本システム[新規受付]ステータスの受注伝票も注文ステータス自動キャンセルの対象となります。
テストで取り込んだ受注伝票をキャンセルすると、Yahoo側の有効な注文もキャンセルされてしまいますので、絶対に行わないでください。

■処理対象となる条件
ストアクリエイターProの全ての注文ステータスが自動キャンセルの処理対象となります。
既に出荷済みの過去注文もキャンセルされてしまう恐れがありますので、過去注文をキャンセルすることは絶対に行わないでください。

■分割伝票について
分割した受注伝票の場合、分割元と分割した全ての伝票がキャンセルされている場合に限り本機能の対象となります。

■同梱伝票について
同梱伝票をキャンセルした場合は、本システムの同梱先・同梱元にあたるYahoo側の注文が本機能の対象となります。
受注伝票同梱処理に伴う「3:他の伝票への統合のためキャンセル」の場合は自動キャンセルされません。

■複写伝票について
複写伝票の場合、複写元と複写先の両方がキャンセルされている場合に限り本機能の対象となります。
ただし、受注一括更新でキャンセルした複写伝票は対象外です。本機能を利用したい場合は、必ず受注伝票上からキャンセルを行ってください。

■売上返品処理について
売上返品処理により受注伝票がキャンセルされた場合は本機能の対象外です。

2.操作手順

2-1.キャンセル理由の設定

【本システム画面】

  1. [設定]より[その他]をクリック
  1. 項目選択欄にて「[Yahoo!ショッピング]キャンセル理由の対応設定」を選択
  2. 「Yahoo!キャンセル理由」にてYahoo側に送る値を確認し、必要に応じて修正
    (内容欄の表記は区分名称設定で変更可能です。)
  3. キャンセル理由が[ストア都合]の際にYahoo側に送るキャンセル理由の詳細を設定

キャンセル理由詳細 設定時の注意

「キャンセル理由詳細」はYahoo側から購入者に自動送信されるキャンセルメールに反映されます。内容を十分にご検討ください。
  1. [更新]をクリック

キャンセル理由変更時の注意

・Yahoo側にキャンセルが反映された後、本システム受注伝票のキャンセル理由を変更しても、2回目の内容は反映されません。

・Yahooの仕組み上、キャンセルは1度のみです。キャンセルされると購入者に理由が明記されたメールがYahooから送信されるので、ストアクリエイターPro側でもキャンセル理由を変更することは不可です。

2-2.API設定にて利用機能の選択

【本システム画面】

  1. [設定]→[基本]より[API]をクリック
  1. 店舗を選択
  2. 「注文ステータス自動キャンセル」の「利用する」にチェックを入れる
  3. [設定を保存]をクリック


設定後にAPI連携が行われたタイミングで自動キャンセル機能がスタートします。

3.受注伝票キャンセル時の動き

本設定後、本システムの受注伝票をキャンセルした際の動きは下記のとおりです。

■受注伝票のキャンセル

・受注伝票内の「受注キャンセル」にてキャンセル理由を選択し、[伝票更新]をクリック

  1. ポップアップの注意事項を確認
  2. 問題なければ[OK]をクリック


Yahooへの注文ステータスキャンセルが予約されます

※処理タイミング
約30分間隔のAPI処理が実行されると、Yahoo側の注文がキャンセルされます。

■受注伝票の操作履歴

[メニュー]→[履歴]→[操作履歴]には左図のように表示されます。

※1
受注伝票キャンセル、およびキャンセルが予約された時の履歴
※2
APIによってYahoo側の注文がキャンセルされた時の履歴