税計算の設定 ID:9304

店舗ごとに金額表示(税抜・税込)が異なる場合でも、本システムの受注伝票に正しい金額を算出するための設定です。(すべての店舗で金額表示が統一されている場合も、必ず設定をご確認ください)

1.本システムの税計算のしくみ

受注データを取り込んだ際、店舗設定と企業設定の税区分を照らし合わせて単価を算出します。

・店舗設定と企業設定が一致している場合
受注データの単価を、そのまま受注伝票の「単価」に反映します。

・店舗設定と企業設定が不一致の場合
受注データの単価をもとに企業設定の税区分にあわせた金額を算出し、受注伝票の「単価」に反映します。

2.事前の確認事項

■モール・カート側の設定
本システムと連携させる場合、モール・カート側の価格表示(税込・税抜)は全商品で統一してください。
税込・税抜が混在する場合、本システムの受注伝票に正しい金額が取りこめません。

■本システムの商品情報の金額
本システムの商品情報の「売価」には、本設定にあわせた価格を登録してください。
(例:本設定で「税込」を選択した場合、商品情報の売価には「税込価格」を登録)

3.受注伝票の税計算ルールを設定 (企業設定)

企業設定にて、受注伝票の税計算に必要な設定を行います。

3-1.操作手順

【本システム画面】

  1. [設定]→[基本]より[企業]をクリック
  1. 税抜・税込の設定
    受注伝票の売単価や商品計などを税抜/税込のどちらで算出するか選択します。
    (全店舗の受注伝票に適用されます。)
  2. 現在の税率

    ・取扱い商品の税率を選択してください。

    ・8%と10%の商品が混在する場合は、割合が多い税率を選択し、割合が少ない税率は商品情報内に個別に税率を設定してください。

※複数の税率が混在する場合の管理方法は下記をご参照ください。

複数の税率が混在する場合の管理方法

  1. 端数計算の設定
    下記いずれかを選択してください。
    ・切り捨て
    ・四捨五入
    ・切り上げ


画面下部の[設定内容を保存]をクリック

3-2.設定内容が反映される場所

本設定内容は受注伝票の金額欄に反映されます。
また、受注伝票の金額を元に売上分析にも影響します。売上分析については下記をご参照ください。

店舗ごとの売上を確認する(受注日 / 出荷日)

※左図は伝票スタイル「スタンダード」の画像です。「トラディショナル(旧伝票画面)」の画像は下記の青枠内をご参照ください。

伝票スタイル「トラディショナル (旧伝票画面)」の場合

4.店舗の税区分を登録(店舗設定)

店舗側の税区分(税抜・税込)を、本システムの店舗設定に登録します。

※本設定とモール・カート側の税区分が一致していない場合、金額が正しく計算されません。ご注意ください。

【本システム画面】

  1. [設定]→[基本]より[店舗]をクリック
  1. 店舗を選択
  2. [編集画面を開く]をクリック
  1. 「税区分」および「税計算順序」を選択
  2. [店舗情報を更新]をクリック

5.設定ごとの金額表示例

企業設定 店舗設定 店舗販売価格 売単価 商品計 税金
税込 税込 1,100円 1,100円 1,100円 0円
税込 税抜 1,000円 1,100円 1,100円 0円
税抜 税込 1,100円 1,000円 1,000円 100円
税抜 税抜 1,000円 1,000円 1,000円 100円