受注APIご利用時の注意(必読)【楽天市場(楽天ペイ)】 ID:20632

受注APIを利用して、楽天市場店舗の注文を本システムに取り込む際の注意事項です。必ずご確認ください。

ご利用前のテストについて

APIでの受注データの自動取り込みを開始する前に、受注CSVなどを利用したテストを行うことをお奨めいたします。

(テスト例)
・[新規受付]の受注伝票が他のステータスに移動するか
・備考欄変換設定が機能するか
・正常に出荷までの作業が行えるか

受注APIで取込対象になる条件

  • 楽天市場の注文ステータス[注文確認待ち][楽天処理中][発送待ち]のもの
  • 通常購入・定期購入の注文
  • 過去24時間以内の注文(APIを開始する際はご注意ください)

受注APIで取り込めない受注

  • 送料が未確定の受注
  • 楽天市場の「予約販売機能」を使用した受注

受注取り込み後の本システム側のステータス

正常に受注取込が行われた場合、本システム側の受注伝票の受注ステータスは [確認待ち]以降に変更されます。

受注取込のタイミング

受注取込はリアルタイムではありません。

■あす楽注文の場合
本システムの「受注取得API処理」が実行されたタイミングで取り込まれます。(平常時で約15分間隔)

■あす楽注文以外の場合
注文後30分間は受注取込を行いません。(楽天側で購入者のキャンセル可能時間を確保するため)
受注メール取込を行っている場合は、[新規受付]に30分間とどまります。
その後、本システムの受注APIが動作したタイミングで取り込まれます。(平常時で約15分間隔)

本システムの自動注文確認について

受注取込をAPIで行う場合、本システムが楽天側で自動注文確認を行います。
(楽天側の自動注文確認機能を併用しても問題ありません。)

ただし、医薬品を含む注文は本システムの自動注文確認の対象外です。
楽天側にて手動で注文確認を行ってください。(楽天側の自動注文確認も対象外です。)

「ポイント全額支払い」の受注伝票

受注取り込み時、受注伝票の支払方法に「ポイント全額支払い」が適用されたとしても、APIによる自動入金処理が行われると、その時の楽天側の支払方法に上書きされます。
(楽天側にはポイント全額支払いがないので、クレジットカードなどに上書きされます。)

この内容 (例:クレジットカード/0円など) は納品書に記載されますので、必要に応じて支払方法の修正をお願いいたします。

自動入金確認の処理内容に関しては下記をご参照ください。

与信結果 / 入金情報の自動取込【楽天市場(楽天ペイ)】

金額や住所など注文内容の変更について

本システムの受注伝票上の金額や住所の変更を行った場合、必ずRMS側も変更してください。
APIを利用している場合も、注文内容の変更は自動反映されません。

受注伝票のキャンセルについて

■本システム側でのキャンセル
本システム側で受注伝票をキャンセルした場合、楽天側には自動反映されません。
RMSにてキャンセル処理を行ってください。

■楽天側でのキャンセル
楽天側で注文をキャンセルした場合、一部ステータスでのキャンセルは本システムに自動反映されます。
詳細は下記をご参照ください。

注文キャンセルを本システムに自動反映【楽天市場(楽天ペイ)】

APIライセンスキーの有効期限

APIライセンスキーの有効期限は90日間です。(楽天市場のルール)
有効期限が切れる前にライセンスキーを再発行し、本システムに登録してください。

受注データ内のコロン(:)について

受注データにコロンが含まれていた場合、受注CSVファイルでは半角(:)で取り込まれますが、APIでの受注取込時は全角(:)で取り込まれます。備考欄変換設定をご利用の際は、必ず全角コロンで入力・設定してください。

下記の関連マニュアルもご参照ください。

配送希望日と時間帯の取込設定【楽天市場】

備考欄に入った値の変換 / 削除 (備考欄変換)

在庫連携はFTPを利用する場合

受注データの取り込みはAPI、在庫連携はFTPを利用する場合、API設定画面にて在庫更新の利用チェックをはずし、FTP連携に必要な設定を行ってください。設定方法は下記マニュアルをご参照ください。

■在庫更新の利用チェックをはずす

API認証情報の登録【楽天市場】

■FTPでの在庫連携に必要な設定

在庫連携用アカウントの登録【楽天市場】

複数配送受注の注意点

複数配送の受注を取り込んだ場合、手数料の自動計算(支払方法別手数料)が動作しません。手動で手数料を加算してください。

お荷物を複数個口に分けた場合

出荷の段階などでお荷物を複数に分けた場合は受注伝票を分割し、それぞれに配送番号を登録することをお奨めします。
(1つの伝票に複数の配送番号を登録しても、楽天側に正常に登録されない場合があります。)

「出荷予定日」と「納品書印刷指示日」に異なる日付を登録する運用の場合

下記条件をどちらも満たす場合、受注伝票の「出荷予定日」と「納品書印刷指示日」に同じ日付が登録されることがあります。

・APIの「自動入金確認」機能を利用する
・伝票の「出荷予定日(もしくは商品マスタの納期)」 > 伝票の「承認日(オーソリが取れた日)」 + 30日

自動入金機能については下記をご参照ください。

与信結果 / 入金情報の自動取込

詳細は下記をご参照ください。

発送日の自動登録 (発送まで30日以上の注文のみ)