要注意 / 審査NG注文の管理と処理方法【楽天市場(楽天ペイ)】 ID:21453

楽天側の不正検知にて「慎重に対応する必要がある」と判断されて要注意となった注文や、「なりすまし」や「不正利用」と判断されて審査NGになった注文に関する、管理方法と処理方法をご案内いたします。
それぞれ、運用(受注CSV/受注API)によって処理方法が異なります。

1.要注意 / 審査NG注文を[確認待ち]に止める設定

下記の内容はシステムの初期値で登録されていますが、念のため設定内容をご確認ください。

【本システム画面】

  1. [設定]→[受注]より[受注確認内容]をクリック
  1. 楽天店を選択
  2. 「作業用欄に特定のキーワードが含まれています」にチェック
  3. 設定値欄に「NG」を追加
    ※半角カンマ(,)区切りで複数の値を登録できます。
  1. [確認内容を保存]をクリック

    要注意 / 審査NG受注を取り込むと、[確認待ち]に止まります。

※当画面にて、下記ページの設定も同時に行えます。

未入金 / 発送済受注の管理設定

2.要注意 / 審査NG注文の処理方法

2-1.受注APIをご利用の場合

要注意注文の場合
要注意注文は、受注取込の時点で受注伝票の下記項目が更新されるため、[確認待ち]に止まります。

・顧客区分:99(ブラック顧客)
・作業用欄:NG

注文内容を確認の上、本システムとRMSそれぞれで処理を行ってください。

審査NG注文の場合
審査NG注文は、楽天側で注文の翌日に自動的にキャンセルされます。(楽天側のルール)
さらに楽天側のキャンセル後、API連携によって本システムの受注伝票も自動キャンセルされます。

2-2.受注CSVをご利用の場合

要注意注文の場合
注文内容を確認の上、本システムとRMSそれぞれで処理を行ってください。

審査NG注文の場合
審査NG受注は、楽天側で注文の翌日に自動的にキャンセルされます。(楽天側のルール)
楽天側のキャンセルを確認後、本システムの受注伝票を手動でキャンセルしてください。
キャンセル方法は下記をご参照ください。

受注伝票のキャンセル方法

受注CSVのダウンロードについて

RMSにて受注CSVをダウンロードする際に、[発送待ち]ステータスのみを対象として出力してください。他のステータスも含めてしまった場合、審査NG注文が[確認待ち]以降に進んでしまう可能性があります。