ブラック顧客の管理設定 ID:5836

いたずら注文(受け取り拒否)などが発生した場合、該当の購入者をブラック顧客として管理する方法です。

1.判定のしくみ

ブラック顧客の管理方法について、機能の概要をご確認ください。

  1. 配送時、受け取り拒否が発生

    該当の受注伝票をブラック顧客として登録
  1. 同じ購入者から再度注文が来た際、メールアドレスの一致によりブラック顧客と判定

    該当の購入者への配送を未然に防ぐ、などの対応が可能になります。

2.判定条件

■ブラック顧客と判定する条件
・ブラック顧客登録した受注伝票と購入者のメールアドレスが一致する受注伝票はブラック顧客と判定します。
・購入者のメールアドレスがない場合は、購入者の電話番号にて判定します。
・メールアドレスが一致すれば、異なる店舗の受注もブラック顧客として判定されます。

■判定の対象となる受注
下記の条件に当てはまる場合
・ステータスが[新規受付]から先に進んだ受注伝票
・手入力で作成した受注伝票

 ※受注状態が「0:取込情報不足」の受注は対象外です

3.事前設定

ブラック顧客は、本システムの初期設定で[確認待ち]に止まるよう設定されています。
(受注確認内容設定の「BLACK顧客です。」にチェックが入っています。)

何らかの原因で上記設定が解除されている場合、ブラック顧客からの注文を自動判別することができません。
設定状況を確認される場合は、下記のマニュアルをご参照ください。

特定条件の受注を[確認待ち]に止める (受注確認内容)

4.登録手順

以下の操作を行うことで、夜間メンテナンス(24:00~27:00)以降にブラック顧客として登録されます。
また、購入者のメールアドレスが一致した過去の受注伝票がすべてブラック顧客に変わります。
(購入者のメールアドレスの登録がない場合、購入者の電話番号が一致するすべての受注伝票が対象です)

  1. 該当の受注伝票を開く
  2. 顧客区分を「99:ブラック」に変更
  3. [伝票更新]をクリック

5.登録解除手順

ブラック顧客解除用の受注伝票作成・および過去の受注伝票を一般顧客に戻すことで解除できます。

5-1.登録解除用の伝票を作成

ブラック顧客への登録を解除するための受注伝票を、下記の条件で作成します。

・購入者メールアドレスまたは電話番号
ブラック顧客として登録した値を受注伝票に入力してください。
電話番号でブラック登録した購入者を解除する場合、メールアドレスは空にしてください。

・受注キャンセル
「0:有効な受注です」以外のいずれかを選択してください。

・顧客区分
「0:一般顧客」を選択してください。

受注伝票の作成方法は、下記のマニュアルをご参照ください。

受注伝票を手入力で作成する

5-2.過去の受注伝票をすべて「一般顧客」に変更

ブラック顧客として登録されたすべての受注伝票の顧客区分を「0:一般顧客」に変更します。
受注伝票を一括で変更する操作方法は、下記のマニュアルをご参照ください。

複数の受注伝票を一括更新

[出荷済み]の受注伝票は一括更新できません

ステータスが[出荷済み]の受注伝票は[受注伝票一括更新]機能の対象外です。1件ずつ手入力で変更してください。