受注伝票のステータスの戻し方 ID:12208

各ステータスの受注伝票を前のステータスに戻す操作方法です。
※複数の伝票を一括で戻すことは出来ません。

1.各ステータスから[確認待ち]に戻す

受注伝票の確認チェックを外すことで[確認待ち]に戻します。
(各ステータスの条件に一致していれば[入金待ち][引当待ち][発売日待ち]にも同時に表示されます。)

[出荷済み]から戻す場合は、本ページ「4.[出荷済み]から[印刷済み][印刷待ち]に戻す」を先に行ってください。

【本システム画面】

  1. [確認待ち]に戻す伝票を開き、確認チェックを外す
  1. [更新保存]をクリック
    ※旧伝票画面の場合[伝票更新]


これで伝票は[確認待ち]へ戻ります。

2.各ステータスから[入金待ち]に戻す

受注伝票の入金状況を修正することで[入金待ち]に戻します。
(各ステータスの条件に一致していれば[確認待ち][引当待ち][発売日待ち]にも同時表示されます。)

[出荷済み]から戻す場合は、本ページ「4.[出荷済み]から[印刷済み][印刷待ち]に戻す」を先に行ってください。

【本システム画面】
[入金待ち]ステータスに戻す伝票を開く

  1. [請求情報]内の入金状況を入金待ちになるように変更

    ※入金待ちになる条件は支払い方法によって異なります。条件は
    出荷可能設定でご確認ください。

    [入金待ち]に止める受注の条件設定(出荷可能)

  1. [更新保存]をクリック
    ※旧伝票画面の場合[伝票更新]

3.[印刷済み]から[印刷待ち]に戻す

直接[印刷待ち]に戻すことができないので、下記の手順で操作します。

  1. [印刷済み]から[確認待ち]に戻す
  2. [確認待ち]から[印刷待ち]に戻す

3-1.[印刷済み]の伝票を[確認待ち]に戻す

  1. ステータスを戻したい受注伝票を開き、確認チェックを外す
  1. [更新保存]をクリック
    ※旧伝票画面の場合[伝票更新]


受注伝票が[確認待ち]へ戻ります。

3-2.[確認待ち]の伝票を[印刷待ち]に進める

  1. 再度、確認チェックをつける
  1. [更新保存]をクリック
    ※旧伝票画面の場合[伝票更新]


受注伝票が[印刷待ち]へ進みます。

4.[出荷済み]から[印刷済み][印刷待ち]に戻す

「出荷確定戻し処理」を利用することで、[印刷済み]または[印刷待ち]に戻します。

在庫数の動き

出荷確定を取り消したことにより、一度マイナスされた在庫数が戻ります。

【本システム画面】
該当の伝票を開く

  1. [メニュー]→[伝票操作]より[出荷確定戻し処理]をクリック
  1. 表示された「主な注意点」を必ず確認し、戻したい受注状態をプルダウンから選択
  2. [実行]をクリック


伝票が選択したステータスに戻ります。