納品書サンプルと各項目のルール (PDF/CSV) ID:11173

納品書のサンプルと各項目の内容、および税計算式などのご案内です。

※本システムの納品書は、区分記載請求書等保存方式に対応した内容です。
区分記載請求書等保存方式に関しては、下記より国税庁のサイトをご参照ください。

国税庁|区分記載請求書等保存方式

1.PDF形式の納品書サンプル

1-1.サンプル画像

■左上マークなし

■左上マークあり(ギフトあり)

1-2.各項目の内容

  1. 出荷確定日
    下記の優先度順位で出荷確定日に日付を出力します。1、受注伝票の「出荷確定日」 2、受注伝票の「出荷予定日」 3、納品書出力日
  2. 軽減税率対象品目の注釈
    商品の消費税率が8%(軽減税率対象品目)の場合、商品名の末尾に「※」を表示します。

    ※受注伝票のギフト欄が「1:有り」の場合は表示されません。

  3. 送料・手数料・その他費用
    受注伝票の送料・手数料・その他費用を表示します。

    ※企業設定や店舗設定に関わらず、税込金額として表示します。

    ※受注伝票のギフト欄が「1:有り」の場合は表示されません。

  4. 税率ごとの明細
    税率ごとの小計、および税額を表示します。
    ※受注伝票のギフト欄が「1:有り」の場合は表示されません。
    ※送料・手数料・その他費用の金額や税額も含まれます。

1-3.納品書マークの意味

納品書の左上に印字されるマークの意味と、受注伝票の関連箇所のご案内です。
(マークを個別に追加することはできません)

■マークの意味

マーク 意味
1 受注伝票のピッキング指示欄に、文字の記入がある場合
2 受注伝票がギフト扱いになっている場合(「ギフト」 が「1:有り」 になっている)
3 受注伝票に配達希望日が入力されている場合

■受注伝票の関連箇所

ギフトの場合は金額が非表示になります

ギフトマークがある納品書に金額は表示されません。

  • 受注伝票の「ギフト」が「1:有り」 → ギフトマーク:表示、金額:非表示
  • 受注伝票の「ギフト」が「0:無し」 → ギフトマーク:非表示、金額:表示

※納品書に金額を表示させたい場合は、「ギフト」の値を「0:無し」にしてください。

明細の文字サイズについて

商品明細が2明細以上ある場合、明細が太文字で表示されます。
※ギフトの場合を除く

2.税率ごとの明細の金額算出方法

2-1.企業設定が【税込】の場合

店舗設定
税計算順序

「商品計から税計算」の場合 「単価から税計算」の場合
消費税別小計
(8%)(税込)
8%商品の小計の合計

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合は上記に加算

8%商品の小計の合計

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合は上記に加算

消費税額
(8%)
1:(8%商品の小計の合計) ÷ 1.08 × 0.08 = A
2:下記※1参照

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

1:8%商品の税込単価 ÷ 1.08 × 0.08 = 単価あたりの税額
2:単価あたりの税額 × 受注数 = 明細あたりの税額
3:明細あたりの税額を合算 = A
4:下記※1参照

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

消費税別小計
(10%)(税込)
10%商品の小計の合計

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合は上記に加算

10%商品の小計の合計

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合は上記に加算

消費税額
(10%)
1:(10%商品の小計の合計) ÷ 1.10 × 0.10 = B
2:下記※1参照

※小計=数量×税込単価

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

1:10%商品の税込単価 ÷ 1.10 × 0.10 = 単価あたりの税額
2:単価あたりの税額 × 受注数 = 明細あたりの税額
3:明細あたりの税額を合算 = B
4:下記※1参照

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

※1:税額の差額調整処理
納品書右上の消費税額と、「 A + B」に差額がある場合、以下の方法で税額を調整する処理が行われます。

・右上「消費税」 A + Bの場合 → より高い税率の税額に差額をプラス
例:10%と8%なら「10%税額にプラス」、8%のみなら「8%税額にプラス」

・右上「消費税」 A + Bの場合 → より低い税率の税額に差額をプラス
例:10%と8%なら「8%税額からマイナス」、10%のみなら「10%税額からマイナス」

2-2.企業設定が【税抜】の場合

店舗設定
税計算順序
「商品計から税計算」の場合 「単価から税計算」の場合
消費税別小計(8%)(税込) 8%商品の明細ごとの小計の合計 × 1.08

※小計=数量×税抜単価

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合は上記に加算

1:8%商品の税抜単価 × 1.08 = 税込単価
2:税込単価 × 受注数 = 明細ごと小計(税込)
3:明細ごと小計(税込)を合算

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合は上記に加算

消費税額(8%) 1:(8%商品の明細ごとの小計の合計 × 1.08) - 8%商品の明細ごとの小計の合計 = A
2:下記※1参照

※小計=数量×税抜単価

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

1:(8%商品の単価 × 1.08) - 8%商品の単価 = 単価あたりの税額
2:単価あたりの税額 × 受注数 = 明細ごとの税額
3:明細ごとの税額を合算 = A
4:下記※1参照

※「送料/手数料/その他」が税率8%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

消費税別小計(10%)(税込) 10%商品の明細ごとの小計の合計 × 1.10

※小計=数量×税抜単価

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合は上記に加算

1:10%商品の税抜単価 × 1.10 = 税込単価
2:税込単価 × 受注数 = 明細ごと小計(税込)
3:明細ごと小計(税込)を合算

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合は上記に加算

消費税額(10%) 1:(10%商品の明細ごとの小計の合計 × 1.10) - 10%商品の明細ごとの小計の合計 = B
2:下記※1参照

※小計=数量×税抜単価

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

1:(10%商品の税抜単価 × 1.10) - 10%商品の単価 = 単価あたりの税額
2:単価あたりの税額 × 受注数 = 明細ごとの税額
3:明細ごとの税額を合算 = B
4:下記※1参照

※「送料/手数料/その他」が税率10%の場合はそれぞれの税額を算出して上記に加算

※1:税額の差額調整処理
納品書右上の消費税額と、「 A + B」に差額がある場合、以下の方法で税額を調整する処理が行われます。

・右上「消費税」 A + Bの場合 → より高い税率の税額に差額をプラス
例:10%と8%なら「10%税額にプラス」、8%のみなら「8%税額にプラス」

・右上「消費税」 A + Bの場合 → より低い税率の税額に差額をプラス
例:10%と8%なら「8%税額からマイナス」、10%のみなら「10%税額からマイナス」

3.CSV形式でダウンロードした場合の出力項目

1 店舗名 17 入金金額 33 有効期限 49 発送先住所1
2 伝票番号 18 入金区分 34 承認番号 50 発送先住所2
3 受注番号 19 入金日 35 承認金額 51 発送先電話番号
4 受注日 20 納品書印刷指示日 36 承認区分 52 発送先FAX
5 取込日 21 納品書発行日 37 承認日 53 配送備考
6 受注状態 22 納品書備考 38 購入者名 54 商品コード
7 発送方法 23 出荷日 39 購入者カナ 55 商品名
8 支払方法 24 出荷予定日 40 購入者郵便番号 56 受注数
9 合計金額 25 作業者欄 41 購入者住所1 57 商品単価
10 税金 26 ピック指示内容 42 購入者住所2 58 掛率
11 手数料 27 ラベル発行日 43 購入者電話番号 59 小計
12 送料 28 配送日 44 購入者FAX 60 商品オプション
13 その他 29 配送時間帯 45 購入者メールアドレス 61 キャンセル
14 ポイント 30 配送伝票番号 46 発送先名 62 引当数
15 商品計 31 クレジット区分 47 発送先カナ 63 引当日
16 備考 32 名義人 48 発送先郵便番号 64 消費税率