初期設定【NPコネクトPRO】 ID:17073

本システムとNPコネクトPRO(NP後払い、NP後払いwiz)を自動連携するために必要な初期設定のご案内です。

1.事前の確認事項

■NP後払いwizを利用する場合
NP後払い側で、印字ソフトの初期設定や収納用紙のテスト印刷などが必要です。
ご利用開始まで1~3ヶ月程度の時間が必要になる場合があります。
詳細はNP後払い側にご確認ください。

2.事前設定

2-1.NPコネクト情報の登録

【本システム画面】

  1. [受注]→[決済]より[NPコネクトPROサポート]をクリック
  1. 決済方法を選択
  2. NP後払い側にて付与された「SP CODE」を入力
  3. [NPコネクト情報を登録]をクリック

    [進捗状況]が表示されます

2-2.入金状況の設定

NP後払いという支払方法の場合、[入金待ち]に止める設定を行います。
出荷可能設定にて、下記設定を行ってください。

納品書の印刷を許可する入金区分 2 :入金済み
CSVアップロード、受注登録時の入金状況の初期値 0 :未入金
CSVアップロード、受注登録時の承認状況の初期値 10:未承認

出荷可能設定の詳細な操作方法は下記をご参照ください。

[入金待ち]に止める受注の条件設定(出荷可能)

3.処理を起動する

【本システム画面】

  1. [設定]→[基本]より[自動実行処理]をクリック
  1. NPコネクトAPI処理を[起動]にする

    [自動実行処理を変更]をクリック

4.配送方法の名称を変更している場合の注意事項

区分名称設定にて配送方法の名称を変更している場合、変更後の配送方法の名称に以下の単語が含まれていないと、NP側で「その他」と設定され正しく情報が送られない場合があります。
特定の配送会社として設定が行われるように、名称変更時には必ず以下の単語を入れてください。

■単語一覧

本システム側に必要な単語 NP側の運送会社コード
佐川 11:佐川急便
ヤマト 12:ヤマト運輸
西濃 14:西濃運輸
現金書留 15:書留
ゆうパック
ポスパケット
レターパック
16:ゆうパック
日本通運 16:ゆうパック
西武 17:西武運輸
福山 18:福山通運
新潟 20:新潟運輸
名鉄 21:名鉄運輸
信州名鉄 23:信州名鉄運輸
フットワークエクスプレス 26:トールエクスプレスジャパン
エコ配 27:エコ配
翌朝10時郵便 28:翌朝10時郵便
ゆうパケット
ゆうメール
30:ゆうパケット