メール到達率を高めるための推奨設定 (ドメイン認証) ID:46808

本システムから送信するメールが「なりすましメール」と誤認されないための推奨設定のご案内です。
本設定を行うことで、本システムから送信されたメールがなりすましメールとして認識されにくくなり、購入者へのメールの到達率が高まります。

1.事前の確認事項

■楽天市場の場合
本設定は不要です。(モールを介してメール送信を行う仕組みのため)
楽天の送信元メールアドレス(From)に設定しているドメインにて、本設定を行った場合でも、楽天へのメール送信に影響はありません。

■au PAY マーケットの場合
送信元メールアドレス(From)の設定状況により設定が異なります。

本システムの送信元メールアドレス(From) 必要な設定
au PAY マーケットと他店舗のドメインが同じ場合 au PAY マーケット側でドメインの追加が必要です。
追加完了後、本設定を行ってください。
詳細は「2.SPF・DKIM・MXレコードの確認/設定」内の操作手順3をご確認ください。
au PAY マーケット店のみで利用
(他店舗に同じドメインのメールアドレスを設定していない)

・au PAY マーケットで利用のドメイン
本設定は不要です。

・その他の店舗で利用のドメイン
本設定を強く推奨。(楽天を除く)

■送信元メールアドレス(From)の@以降を「main.next-engine.com」に設定している場合
送信元メールアドレス(From)を実際にご利用のリアルアドレスに修正のうえ、本設定を行ってください。

■DNSサーバー側の設定
本設定はご利用のDNSサーバー側での設定が必要です。DNSサーバーでの設定につきましてはサービス提供元へご確認ください。

■送信元メールアドレス(From)を「no-reply@mail.next-engine.com」に設定している場合
本設定は不要です。

2.SPF・DKIM・MXレコードの確認/設定

【本システム画面】

  1. [設定]→[メール]より[メールアドレス・署名]をクリック
  1. 店舗を選択
  2. 下記を確認

    ・メール送信サーバーのドメイン(SPFレコード)

    ・メール送信サーバーの電子署名(DKIMレコード)

    ・メール送信サーバー のホスト(MXレコード)

【重要】au PAY マーケットに出店されている場合

au PAY マーケット購入者へメール送信を行う場合、事前にau PAY マーケットへドメインの追加依頼が必要です。
au PAY マーケット運営事務局へ、[設定]→[メール]→[メールアドレス・署名]→au PAY マーケット店を選択した際に表示される、本システムのドメイン(em~始まる)を許可していただくよう連絡してください。

au PAY マーケットにて設定完了後、4の設定へお進みください。

au PAY マーケットへご依頼する際は、以下の内容をコピーしてご利用ください

ネクストエンジンが外部システムよりauPAY購入者宛にメール送信を行う際、
エンベロープアドレスの@より前がランダムに切り替わるため、
以下のドメインを[受注管理]>[メール・お問い合わせ]>[差出人(From)アドレス設定]に
「登録ドメイン」として「追加」していただきますようお願いいたします。

追加ドメイン:確認したau PAY マーケット店のem~始まる文字列の末尾までを貼り付け

 

  1. 4確認した「SPFレコード」「DKIMレコード」「MXレコード」をご利用のDNSサーバー側で設定
  • 設定方法は自社メールアドレスのサービス提供(ドメイン取得)元へお問い合わせください。
  • DNSサーバー側で設定が反映されるまでに72時間以上かかる場合があります。
  • MXレコード末尾のドットを登録サーバー側が自動付与する場合があります。登録時にエラーとなる場合は、末尾のドットを省略して登録をお試しください。
  • MXレコードは既存のドメインではなく、表示されている「em〇〇が付与されたドメイン」として追加してください。
    「em〇〇が付与されたドメイン」に対しては、MXレコードがmx.sendgrid.netのみの想定のため、優先度は任意の値で構いません。
  • 既存のドメインに対するMXレコードの変更は行わないでください。

    <設定例>

    送信元メールアドレス(from)のドメインが「next-engine.com」の場合
    em1676.next-engine.com」のMXレコードに『mx.sendgrid.net.』を追加

    ※送信元メールアドレス(from)のドメインのMXレコードは変更しないでください。
    該当ドメインのメールが受信できなくなります。

  1. [ドメインを認証]をクリック
  1. 処理結果を確認

    ※「SPFレコード」「DKIMレコード」「MXレコード」のいずれかの処理結果が表示されない場合、手順4からもう一度操作を行ってください。

3.DMARCを設定

送信元メールアドレス(from)に設定しているアドレスのDNSサーバーにてDMARCの設定を行ってください。
設定方法の詳細につきましては、ドメイン取得元にご確認ください。

4.よくある質問

DMARCの設定方法を教えてください。

申し訳ございませんが、設定方法につきましてはご自身にてご確認をお願いいたします。
参考:DMARC を使用してなりすましと迷惑メールを防止する - Google Workspace 管理者 ヘルプ

DMARCがFAILします。原因を教えてください。

申し訳ございませんが、ご自身にてご確認をお願いいたします。

自社ドメイン「example.com (http://example.com) 」に対してTXTレコードを追加してしまいました。

メールアドレス・署名設定に表示されている emXXXX.example.com (http://emXXXX.example.com) を追加し、これにTXTレコードを追加してください。
(DKIMの場合は、m1.xxxxxx.example.com (http://m1.xxxxxx.example.com))

DKIMレコードに DKIM=v1; という文字が入っています。

本システムが利用するメール送信サーバーは、バージョンなしの記載を指定していますので、バージョン情報を付加せず、メールアドレス・署名設定に表示されている内容をそのままコピー&ペーストしてください。