メールに独自メッセージを自動挿入(独自タグ) ID:15122

オリジナルのメールタグ(独自タグ)を作成するための操作手順です。
月ごとに異なるメッセージを反映させることやランダムのメッセージを反映させることも可能です。

1.操作手順

1-1.登録方法

【本システム画面】

  1. [設定]→[メール]より[独自タグ]をクリック
  1. [独自タグを追加]をクリック
  1. 独自タグ名を入力(必須)
    半角英数(大文字)と半角アンダーバーのみ使用可能、20文字まで
    ※[ ]の登録は不要
  2. 概要を入力(必須)※50文字まで
    メモ欄としてご利用ください
  3. 備考を入力(任意)※255文字まで
    メモ欄としてご利用ください
  4. 適用月を選択
    指定がない場合は共通を、月ごとに内容を変更する場合は、適用月を選択。

    ※選択月ごとに登録/更新を行ってください。

    ※共通と月ごとのメッセージを両方登録した場合、月ごとのメッセージが優先されます。

  5. メッセージ1を入力(必須)
    メッセージを入力してください
    ※メッセージ内に既存のメールタグは使用できません
  6. [独自タグを登録]をクリック
  1. [OK]をクリック

ランダムメッセージ設定とは

[ランダムメッセージ設定]をクリックした際に表示される入力欄に複数のメッセージを登録しておくで、メッセージをランダムに適用させることができます。
(例)メッセージ1~3まで登録した場合、メール作成時に1~3のメッセージのうち1つがランダムに適用されます。

1-2.設定方法

【本システム画面】
[設定]→[メール]→[自動送信メールテンプレート]
[設定]→[メール]→[フリーメールテンプレート]

テンプレートの作成/編集画面を開く

  1. 本文に作成した独自タグを挿入
    ※左図のように[ ]で囲ってください
  2. [題名・本文を登録]をクリック