発注伝票の作成(発注計算) ID:24247

商品の欠品数などを元に発注数を自動で算出し、発注伝票を作成する操作手順です。

※手入力で発注伝票を作成する場合は下記をご参照ください。

発注伝票の作成(手入力)

1.事前の確認事項

取扱区分が「取扱中止」「メーカー取扱中止」の商品は発注計算の対象外です。
発注計算の対象とする場合は取扱区分を「0:取扱中」に変更してください。

2.事前設定

欠品数だけでなく一定の在庫補充をしたい場合、商品に下記3項目を登録する必要があります。
登録していない商品の場合、「欠品数のみ」が発注数として算出されます。

2-1.必須項目

■在庫定数:常に保持しておきたい在庫数
発注計算の対象となった際、在庫定数になるまでの数を発注数として算出します。

■発注点:発注対象とするしきい値
「(フリー在庫数+注残数) - 欠品数」が発注点以下になった時点で、発注対象となります。
(注残数=発注したが仕入されていない数)

■発注ロット単位:発注時のロット数
発注計算時、ロット数の倍数で発注数を算出します。
(仕入先からロットの指定がない場合は1を登録してください。)

2-2.操作手順

【本システム画面】
[商品管理]にて商品を検索し、詳細画面を開く

  1. 商品情報内の[発注・仕入]をクリック
  2. 在庫定数・発注点・発注ロット単位を登録

    画面右上の[商品情報を更新する]をクリック

※CSVで一括登録する場合に必要な項目
商品コード(syohin_code)・在庫定数(zaiko_teisu)・発注点(hachu_ten)・発注ロット単位(lot)
CSVファイルの取り込み方法は下記をご参照ください。

商品データの登録 / 更新(CSV取込)

3.発注計算の操作手順

未発行の発注伝票がある場合

本操作を行うと、それ以前に作成されていた未発行の発注伝票は削除されます。復旧もできません。
未発行の発注書がある場合は、操作前に必ずダウンロードを行ってください。
(一度ダウンロードすれば、該当の発注伝票は削除対象から外れます。)

発注書のダウンロード方法は下記をご参照ください。

発注書のダウンロード

【本システム画面】

  1. [発注・仕入]より[発注計算]をクリック
  1. [欠品数を最新に更新]をクリック
    (商品の在庫情報にも反映されます)
  2. [注残数を最新に更新]をクリック
    (商品の在庫情報にも反映されます)
  3. [発注計算を開始]をクリック

    発注計算がスタートします
  4. 発注計算の処理状況を確認する場合は[発注計算状況を確認]をクリック


再計算が終わると、未発行状態の発注伝票が自動作成されます。数量などを確認後、発注書のダウンロードや実際の発注を行ってください。

※注意
発注計算の前に23を行わなかった場合、最新の欠品数・注残数が発注数に反映されません。

4.発注計算のしくみ

4-1.発注数の算出方法

注残数…発注したが仕入されていない数
発注点…「この数以下になったら発注」とするボーダーライン
在庫定数…常に保持したい在庫数

概要 算出 / 判定方法
1 発注対象か否かの判定 発注計算の対象となる条件
(フリー在庫数 + 注残数) - 欠品数 ≦ 発注点
フリー在庫数:3 注残数:2 欠品数:3
発注点:3

算出した値(5 - 3 = 2)が発注点以下なので発注対象
2 発注数の目安を算出 (欠品数 + 在庫定数) (フリー在庫数 + 注残数) 欠品数:3 在庫定数:10
フリー在庫:3 注残数:2

13 - 5 = 「8」が発注数の目安となる
3 ロットに応じた発注数を算出 2で算出した発注数を発注ロット単位の倍数にする 発注ロット単位:10

発注数の目安「8」に一番近い「10」が発注数となる
4 仕入先の発注条件の確認 仕入先マスタの「発注条件区分」の条件を満たしていたら発注伝票(未発行)が作成される。 数量条件「10」

上記条件を満たしているので発注伝票の作成対象となる

4-2.商品区分ごとの発注計算タイミング

商品区分 発注計算対象となるタイミング
0:通常 受注伝票が[新規受付]ステータス内に作成された時点
10:予約 / 20:受注発注 受注伝票が[確認待ち]以降に進んだ時点

※[予約]と[受注発注]の場合、在庫定数が1以上の場合は[新規受付]の時点で発注計算に反映されます。