ネクストエンジン カスタムデータ作成 出力条件の設定例:期間の指定 ID:42442

テンプレート作成時「当日分」「前日分」など、期間を指定した絞り込み条件を追加する操作手順です。
本条件を指定することで、データ出力時に日付指定を行う必要がなくなります。

テンプレート作成画面の開き方

【本アプリ画面】

  1. [作る]をクリック
  1. 「出力(絞り込み)の条件を設定」の[設定を開く]をクリック
  1. 抽出条件より以下を選択

    ・指定の直近より過去
    ・指定の直近より未来
    ・指定の直近より過去(指定なし含む)
    ・指定の直近より未来(指定なし含む)

1.「指定の直近より過去 / 未来」の使い方

抽出条件「指定の直近より過去/未来」と「直近〇日」を組み合わせることにより、当日分・前日分などのデータ出力が可能です。
※直近〇日で指定した日のデータは出力対象になりません。

1-1.抽出条件の仕様

下記の範囲を出力対象にします。

条件名 仕様
指定の直近より過去 本日から指定した日数より過去のものを抽出対象にします。
指定の直近より未来 本日から指定した日数より未来のものを抽出対象にします。
指定の直近より過去(指定なし含む) 本日から指定した日数より過去のものと、日付が入っていないものを抽出対象にします。
指定の直近より未来(指定なし含む) 本日から指定した日数より未来のものと、日付が入っていないものを抽出対象にします。

1-2.直近〇日の設定方法

■直近〇日の日数の考え方
今日を「直近0日」とし、以下のように日数を指定します。

一昨日 昨日 今日 明日 明後日
直近 2 日 直近 1 日 直近 0 日 直近 -1 日 直近 -2 日

■設定例

出力対象期間 抽出条件 対象の指定 説明
1 本日まで 指定の直近より過去 直近 -1 日 本日が4/15の場合「直近-1日=4/16」となり、4/16より過去の日付のデータが対象になります。
昨日まで 指定の直近より過去 直近 0 日 本日が4/15の場合「直近0日=4/15」となり、4/15より過去の日付のデータが対象になります。
3 本日分 指定の直近より過去 直近 -1 日 本日が4/15の場合「直近-1日=4/16」、「直近1日=4/14」となり、4/16より過去かつ4/14より未来=4/15が出力対象になります。
指定の直近より未来 直近 1 日
4 本日以降 指定の直近より未来 直近 1 日 本日が4/15の場合「直近1日=4/14」となり、4/14より未来の日付(4/15以降)のデータが対象になります。
昨日以降 指定の直近より未来 直近 2 日 本日が4/15の場合「直近2日=4/13」となり、4/13より未来の日付(4/14以降)のデータが対象になります。

2.抽出条件の設定例

2-1.当日分を出力する

【本アプリ画面】

  1. 項目の指定
    条件を設定する項目(受注日など)を選択
  2. 抽出条件
    指定の直近より未来
  3. 対象の指定
    直近 1 日
  4. 出力の設定
    条件に一致するものだけを出力する
  5. [条件を追加]をクリック
  1. 項目の指定
    条件を設定する項目(受注日など)を選択
  2. 抽出条件
    指定の直近より過去
  3. 対象の指定
    直近 -1 日
  4. 出力の設定
    条件に一致するものだけを出力する
  5. [条件を追加]をクリック
  1. 以下の2つの条件が登録されていることを確認

    ・[選択項目]が直近1日より未来の場合は出力する

    ・[選択項目]が直近-1日より過去の場合は出力する

2-2.前日分までを出力する

【本アプリ画面】

  1. 項目の指定
    条件を設定する項目(受注日など)を選択
  2. 抽出条件
    指定の直近より過去
  3. 対象の指定
    直近 0 日
  4. 出力の設定
    条件に一致するものだけを出力する