楽天市場「SKUプロジェクト」に伴う本システムの変更点

楽天市場にて実施予定の「SKUプロジェクト」の対応に伴う、本システムの変更点のご案内です。
本件に関する最新情報は、本ページにて随時お知らせいたします。楽天市場に出店中の店舗様は適宜ご確認ください。

※掲載内容は現時点での対応予定となり、都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

(最終更新日:2022/12/27)

1.概要

楽天市場のSKUプロジェクトについての詳細は、下記より楽天市場側のマニュアルをご参照ください。

楽天市場 店舗運営Navi | [SKUプロジェクト]対応ガイド

2.本システムの対応予定

本システムの対応予定は2023年4月~5月頃を予定しております。
本システムがSKUプロジェクトに対応した後、RMS側が移行されていない場合も本システムとRMSの連携機能は問題なくお使いいただけます。

3.商品コードルールについて

SKUプロジェクト移行後、商品コードルールは以下のように変更を予定しております。

<移行前>
単品     : 本システムの商品コード   = 楽天市場の「商品番号」
選択肢付き商品: 本システムの代表商品コード = 楽天市場の「商品番号」

         本システムの商品コード   = 楽天市場の「商品番号 + 横軸選択肢子番号 + 縦軸選択肢子番号」
<移行後>
単品     : 本システムの商品コード   = 楽天市場の「商品番号」
選択肢付き商品: 本システムの代表商品コード = 未定
         本システムの商品コード   = 楽天市場の「システム連携用SKU番号」

移行後は楽天にて「商品番号+横軸選択肢子番号+縦軸選択肢子番号」の値が「システム連携用SKU番号」に引き継がれるため、楽天側でのコード修正などをせず、継続してご利用いただける想定です。

SKUプロジェクトに伴う楽天側の変更点・詳細は、下記をご参照ください。

楽天市場 店舗運営Navi | [SKUプロジェクト]対応ガイド