商品コードのルール【楽天市場】 ID:7007

楽天市場と本システムの連携に必要な商品コードのルールです。

1.事前の確認事項

■商品コードの役割
商品コード統一の必要性については、下記ページの「1.商品コードの役割」をご参照ください。

商品コードの役割とルール

■本システムの商品コードルール
本システムに登録できる商品コードの条件は下記のとおりです。

・使用可能文字 :半角英字、半角数字、半角ハイフン(-)のみ

・文字数制限  :30字以内

■ページ作成ご利用時は「小文字」を推奨

・店舗別ページの更新
商品コードに大文字を含む場合、店舗別ページの「更新時」にエラーが発生します。
(小文字に修正できない場合は、店舗別ページを都度削除して作成し直す手順をご利用ください。)

・画像のアップロード
商品コードに大文字を含む場合、楽天に画像のアップロードができません。
(小文字に修正できない場合は、RMSにて画像を直接アップロードしてください。)

Amazon、またはYahooにもすでに大文字で商品登録している場合、小文字への修正はお勧めしません。(Amazonの場合は別途小文字のページが作成され、Yahooはページの更新ができなくなります。)

■画像アップロードご利用時は「18文字以内」を推奨
商品コードが18文字(または17文字)を超える場合、画像のアップロードができません。
商品コードを修正できない場合はRMSにて直接アップロードを行ってください。
詳細は下記のとおりです。

・前提となる仕様
- 楽天側のルール上、画像ファイル名の上限は20文字
- 本システムでは画像ファイル名を「商品コード_●」の形式で生成 (商品コード + アンダーバー + 画像タグ番号)

・アップロードできないパターン
- 画像タグ(画像の枚数)が1~9 → 商品コードが18文字以上の場合、画像アップロード不可
- 画像タグ(画像の枚数)が10~20 → 商品コードが17文字以上の場合、画像アップロード不可

2.商品コード統一ルール「単品商品」

2-1.楽天市場と本システムの関係

単品商品(色などの選択肢がない商品)の場合、下記の関係が成立すると本システムと楽天市場の連携が可能です。

本システムの商品コード = 楽天市場の「商品番号」

2-2.楽天市場での商品コード登録方法

【RMS画面】
[店舗設定]から[商品登録・更新]を開く

個別編集機能の[商品ページ設定]を開く

商品個別編集機能の[商品個別登録]を開く

商品基本情報の「商品番号」に本システムの商品コードを入力
※使用できる文字は半角英数ハイフンのみです。

商品を複数ページで販売する場合 (コピーページを作成する場合)

※FTPで在庫連携を行う企業様のみご参照ください。

1つの商品のコピーページを作成する場合、元ページとコピーページの商品番号を異なる値にしてください。
同じ商品番号が複数のページに登録されていると正しく在庫連携できません。

複数ページで販売する商品の在庫連携を行う方法に関しましては、下記マニュアルをご参照ください。

複数のページで販売する商品の在庫連携方法

3.商品コード統一ルール「選択肢つき商品」

3-1.楽天市場と本システムの関係

選択肢つき商品(色などの選択肢がある商品)の場合、下記の関係が成立すると本システムと楽天市場の連携が可能です。

本システムの代表商品コード = 楽天市場の「商品番号」
本システムの商品コード   = 楽天市場の「商品番号 + 横軸選択肢子番号 + 縦軸選択肢子番号」

下記は、選択肢が2つ(色・サイズ)ある場合の一例です。

 本システム 代表商品コード  商品コード
 ABC ABC-RED-S
  楽天市場 商品番号 横軸選択肢子番号 縦軸選択肢子番号
 ABC  -RED -S

3-2.楽天市場での商品コード登録方法

【RMS画面】

  • 商品基本情報の「商品番号」に本システムの代表商品コードを入力 (本ページ「2-2」参照)
  • 商品の新規登録完了の画面下部にある[項目選択肢別在庫の登録をする]を開く

    横軸の「選択肢子番号」、縦軸の「選択肢子番号」に選択肢部分のコードを入力

使用できる文字は半角英数ハイフンのみです。

※楽天の選択肢名に以下の文字・記号は使用しないでください。使用した場合、正しく在庫連携を行うことが出来ません。

 半角カタカナ、機種依存文字、チルダ(~)、半角スラッシュ(/)

RMSの確認画面に自動表示される半角ハイフンについて

RMSにて登録商品の内容を確認すると、画面の選択肢子番号に自動で半角ハイフン(-)が表示されますが、登録データに影響はありません。

例1)登録内容  S  →  確認時の画面表示 -S
例2)登録内容 -S   →  確認時の画面表示 --S