1. 店舗の商品データを出力
  2. 店舗の商品データで商品を登録 / 更新

店舗の商品データを出力【MakeShop】 ID:16285

MakeShopの商品データをダウンロードする操作手順です。出力したデータは下記の操作に利用可能です。

・受注処理や在庫連携に必要な「商品管理データ(商品情報・ページ情報)」の登録/更新

・ページ作成に必要な「店舗別ページ」の登録/更新

1.事前の確認事項

Makeshopにて「オプション1」「オプション2」を両方ご利用の場合、下記条件を満たしていないと商品管理データの登録が正常に行えません。

■選択肢の先頭に半角ハイフン
条件:
Makeshopのオプション独自コードのそれぞれの選択肢の先頭に「-(半角ハイフン)」が含まれていること。
理由:
本システムに商品データを取り込む際、「-(半角ハイフン)」を区切り文字として「オプション1」「オプション2」に該当するコードを判別しているため、半角ハイフンが使用されていないとオプション(選択肢)を正しく判別できません。

■オプション独自コードの順番
条件:
Makeshopのオプション独自コードが【オプション2 → 1】の順で登録されている。
例)オプション1:カラー オプション2:サイズ の場合 オプション独自コード:-s-red (サイズ・カラーの並びになっている)
理由:
本システムに商品データを取り込む際、「オプション2=項目選択肢 横軸名」「オプション1=項目選択肢 縦軸名」と紐づけされる仕様のため。

※上記条件はMakeshopの商品データをもとに商品管理データを登録する時のみの必須条件です。
商品管理データをもとにMakeshopのページデータ(店舗別ページ)を作成する場合は、必須条件ではありません。

在庫連携 / 受注処理をご利用の方へ

上記条件を満たすためにMakeshopにてオプション独自コードを修正すると、本システムの商品コードとMakeshopのコードが不一致となり、在庫連携や受注処理が行えなくなります。
すでに在庫連携や受注処理をご利用の場合は、Makeshopの商品データは利用せず、手入力またはCSV一括登録にて商品情報・ページ情報を直接ご登録ください。

商品データの登録方法に関しましては、下記をご参照ください。

2.操作手順

2-1.upload.csvのダウンロード

【MakeShop画面】

  1. [商品管理]→[CSV一括登録]より[商品一括登録]をクリック
  2. 以下を選択
    カテゴリー:すべての商品
    CSV形式  :最新
  3. [現在の商品データダウンロード]をクリック


「upload_YYYYMMDDhhmmss.csv」 が出力されます。

2-2.option.csvのダウンロード

【MakeShop画面】

  1. [商品管理]→[CSV 一括登録]より[オプション一括登録]をクリック
  2. [現在のオプションデータをダウンロード]をクリック


「option_YYYYMMDDhhmmss.csv」 が出力されます。

  1. 店舗の商品データを出力
  2. 店舗の商品データで商品を登録 / 更新