Gmail『メール送信者のガイドライン』変更に伴うご確認のお願い

2024年2月以降に予定されている、Google社のGmailメール送信者のガイドラインの変更に伴う、本システムの設定確認、変更方法のご案内です。
現在のご利用状況に応じて必要な対応が異なるため、メール機能(自動送信/入金確認/フリーメール)をご利用の企業様は必ず詳細をご確認ください。

2024年2月以降、ガイドラインに従った対応を行わない場合、本システムより送信する各種メールがGmailによってブロックまたは迷惑メールに分類される可能性があります。
Gmailの送信者ガイドラインにつきましては、下記をご参照ください。

メール送信者のガイドライン|Gmail ヘルプ

【重要】au PAY マーケットへ出店されている場合

au PAY マーケットへ本システムのドメイン追加が必要となります。
au PAY マーケットへ出店されている企業様は、下記のマニュアルをご確認いただき、設定を行ってください。

【au PAY マーケット出店者様向け】Gmail メール送信者のガイドライン対応

1.本システムのメール送信機能の利用に必要な設定

楽天市場・Amazonの場合

設定変更は不要です。(それぞれのモールカートを介してメール送信が行われるため)

その他の店舗

送信元メールアドレスとして登録しているメールアドレスにより設定が異なります。
まずは、各店舗の送信元メールアドレス(from)をご確認いただき、操作手順に従い設定を進めてください。

2.メールアドレス・署名設定を確認

[メールドレス・署名]設定にて、楽天・Amazonを除くすべての店舗の「送信元メールアドレス(From)」を確認してください。
設定されているメールアドレスにより、必要な設定が異なります。

送信元メールアドレス(From)の@以降を「main.next-engine.com」「ne●●.next-engine.com」に設定している場合

本設定は現在の推奨設定ではありません。
設定されている場合は、送信元メールアドレス(From)のドメインを実際のドメインに修正のうえ、設定を進めてください。

確認手順

【本システム画面】

  1. [設定]→[メール]より[メールアドレス・署名]をクリック
  1. 店舗を選択
  2. 「送信元メールアドレス(From)」に設定されているメールアドレスを確認

    ※楽天・Amazon以外の店舗の確認を行ってください

  3. 確認したメールアドレスを元に、次章「3.必要な設定を確認」を行う

楽天・Amazonと他店舗の送信元メールアドレス(from)が同一の場合

  • 楽天・Amazonと他店舗の送信元メールアドレス(from)が同一の場合
  • 楽天・Amazonと他店舗の送信元メールアドレス(from)に同じドメインのメールアドレスを利用している場合

どちらの場合も、本マニュアル「5.メール到達率を高めるための推奨設定を行う」を実施しても
楽天・Amazonへのメール送信に影響はありません。

楽天・Amazonの送信元メールドレス(from)は変更しないでください

モールを介してメールを送信する仕組み上、送信元メールドレス(from)は各モールカートのルールに合わせたメールアドレスの設定が必要です。
送信元メールアドレス(from)を変更した場合、本システムよりメール送信ができなくなる可能性があります。
運用上変更が必要な場合は、下記のマニュアルをご参照のうえ、変更を行ってください。

メール管理の事前設定【楽天市場】 受注処理ご利用時の注意(必読)【Amazon】

3.必要な設定を確認

「送信元メールアドレス(From)」にて独自ドメインのメールアドレスをご利用か否かによって、必要な設定が異なります。
下表より必要な操作を確認し、該当する操作手順へお進みください。

送信元メールアドレス(From) 必要な設定
「独自ドメイン」のアドレスを設定している場合 5.メール到達率を高めるための推奨設定を行う
「独自ドメイン以外」のアドレスを設定している場合
(フリーメールアドレスなど)
4.送信元メールアドレス(From)を変更

4.送信元メールアドレス(From)のアドレスを変更

フリーメールアドレスなどをご利用の場合、「送信元メールアドレス(From)」の変更が必要です。

■独自ドメインのアドレスに変更可能な場合

「送信元メールアドレス(From)」を独自ドメインのメールアドレスに変更してください。
変更後、5.メール到達率を高めるための推奨設定を行うへお進みください。

■独自ドメインのアドレスに変更出来ない場合

  1. 指定のメールアドレスへ変更
    「送信元メールアドレス(From)」を「no-reply@mail.next-engine.com」(※1)へ変更してください。
    「返信先メールアドレス(Reply-To)」の変更は不要です。以下よりメールアドレスをコピーして貼り付けてください。

    ※1 返信先メールアドレス(Reply-To)には設定しないでください。

  1. 購入者へドメイン許可の案内を行う(推奨)
    購入者側で迷惑メールに振り分けられるリスクがあるため、購入サイトなどで「@mail.next-engine.com」のドメインを受信許可していただくよう、ご案内をご検討ください。
  1. 設定は以上となります。
    「5.メール到達率を高めるための推奨設定を行う」の設定は不要です。

5.メール到達率を高めるための推奨設定を行う

独自ドメインのメールアドレスを利用する場合、Gmailにてメールが迷惑メールに分類されないよう、フィッシングやなりすましメールへの保護対策が必要です。
下記の「メール到達率を高めるための推奨設定」マニュアルを参考に、DNSサーバーにて「SPF・DKIM・MXレコード・DMARC」の設定を行ってください。

メール到達率を高めるための推奨設定

2024年1月19日(金)以前に「メール到達率を高めるための推奨設定」を行っている場合

■新たに「DMARC」を設定いただくよう案内が追加されています
「DMARC」設定についてマニュアルを追記しています。DNSサーバーにて「DMARC」の設定状況を確認いただき、未設定の場合は設定を行ってください。

6.よくある質問

1日あたりのメール送信件数が4,999件を下回りますが、メール到達率を高めるための推奨設定は必要ですか?

Googleのメール送信者ガイドラインには「1 日あたり 5,000 件以上のメールを送信する送信者」と記載されていますが、4,999件以下の企業様もご設定いただくことを推奨します。

独自ドメインのアドレスを持っていませんが、送信元メールアドレスを「no-reply@mail.next-engine.com」以外のアドレスで設定しても大丈夫ですか?

独自ドメインのアドレスを設定できない場合は、必ず「no-reply@mail.next-engine.com」のアドレスを設定してください。
その他のメールアドレスを設定した場合、本システムより送信したメールがブロックや迷惑メールとして扱われる可能性があります。

au PAY マーケットにドメインの追加依頼を行いましたが、エンベロープFromアドレスの仕様について確認の返信が来てしまいました。

本システムが外部システムよりメールを送信する際、エンベロープアドレスの@より前がランダムに切り替わります。
au PAY マーケット運営事務局へ3.au PAY マーケットと他店舗のメールアドレスが同一、または@以降が同一の場合内、「1:au PAY マーケットへドメインの利用許可依頼を行う」に記載の内容でご依頼ください。

DMARCの設定方法を教えてください。

申し訳ございませんが、設定方法につきましてはご自身にてご確認をお願いいたします。
参考:DMARC を使用してなりすましと迷惑メールを防止する - Google Workspace 管理者 ヘルプ

DMARCがFAILします。原因を教えてください。

申し訳ございませんが、ご自身にてご確認をお願いいたします。

自社ドメイン「example.com」に対してTXTレコードを追加してしまいました。

メールアドレス・署名設定に表示されている emXXXX.example.com を追加し、これにTXTレコードを追加してください。(DKIMの場合は、xx._domainkey.example.com)

DKIMレコードに DKIM=v1; という文字が入っています。

本システムが利用するメール送信サーバーは、バージョンなしの記載を指定していますので、バージョン情報を付加せず、メールアドレス・署名設定に表示されている内容をそのままコピー&ペーストしてください。