店舗別ページ作成時のエラー例と対応方法【Amazon】 ID:44718

商品管理にてAmazonの店舗別ページを作成した際に発生するエラーの一例と対応方法のご案内です。
原因が複数ある場合、当てはまる原因を確認のうえ、各対応方法をお試しください。

エラー内容と対応方法

※変換元項目は初期値の項目名が記載されています

エラー内容:
【基本情報】対象年齢・性別の入力は必須です
【原因1】
ページ作成時に「対象年齢・性別」の項目を選択していない
【対応方法1】
ページ作成時に「対象年齢・性別」を選択してページ作成を行ってください。
【原因2】
「対象年齢・性別」の変換元項目が正しく設定されていない
【対応方法2】
以下の操作を行ってください。

①[設定]→[商品]→[項目変換設定]を開き、[商品管理→Amazon]の編集画面にて、「対象年齢・性別」に変換元の項目を設定

[商品管理]にて設定した変換元項目に「メンズ、レディース、ボーイズ、ガールズ、ベビー」のいずれかの値を入力

※画像は「フリーエリア1」を利用した場合の設定例です

エラー内容:
【基本情報】バリエーション商品にエラーがあります
【原因1】
親商品に紐づいている子商品のバリエーション(カラー、サイズ)内のいずれかのバリエーションにエラーが発生し、その他のバリエーションもページ作成できない状態になっている。
【対応方法1】
エラーの原因となっているバリエーション情報を修正することで、連動してページ作成ができなかったバリエーションのエラーも解消されます。

例)
【基本情報】バリエーション商品にエラーがあります
【基本情報】対象年齢・性別の入力は必須です

上記の2つのエラーが表示された場合、「【基本情報】対象年齢・性別の入力は必須です」のエラーが解消されると、本エラーも自動で解消されます。

【原因2】
[商品管理]→[商品情報]→[バリエーション]と[商品管理]→[ページ情報]→[バリエーション]の内容が一致していない

※【基本情報】バリエーション商品にエラーがあります
のエラーのみ表示されている場合は、必ず【対応方法2】をご確認ください

【対応方法2】
商品管理にて該当商品の詳細を開き、[商品情報]→[バリエーション]と[ページ情報]→[バリエーション]の情報(商品コード)を一致させてください。
エラー内容:
【基本情報】バリエーション商品のページをバリエーション商品ではないページに更新することはできません
【原因】
既にバリエーション商品として店舗別ページが作成されている商品に対して、単品商品として店舗別ページを作成しようとしている
【対応方法】
[商品管理]→[店舗別ページ]にて、作成済のバリエーションの店舗別ページを削除のうえ、店舗別ページを作成してください。
エラー内容:
【基本情報】項目選択肢の軸名は「カラー」「サイズ」のどれかを入力してください
【原因】
項目選択肢横軸名/縦軸名に「カラー」「サイズ」以外が入力されている
【対応方法】
「項目選択肢横軸名」「項目選択肢縦軸名」には「カラー」「サイズ」のいずれかのみ利用が可能です。
商品管理にて該当商品の詳細を開き、[ページ情報]→[バリエーション]にて、「項目選択肢横軸名」「項目選択肢縦軸名」を修正してください。
エラー内容:
【基本情報】このテンプレートは2軸のバリエーションを作成できません
【原因】
項目選択肢横軸/縦軸の2軸を利用できないテンプレートを選択して、店舗別ページの作成を行っている
【対応方法】
商品管理にて該当商品の詳細を開き、[ページ情報]→[バリエーション]にて、「項目選択肢横軸」「項目選択肢縦軸」のどちらかを削除し、1軸のみに修正してください。