グループの変換(futureshop→基本)【ページ管理】 ID:26792

futureshop形式のページデータを基本に変換する際、メイングループを変換するための設定、およびサブグループを変換する操作手順です。

1.メイングループの変換設定

メイングループの場合、事前に項目変換設定を行うことで自動で変換が行えます。

【本システム画面】

  1. [商品]→[ページ管理]より[項目変換設定]をクリック
  1. [←]を選択
  2. 店舗を選択
  3. [変換定義を実行]をクリック
  1. 「店舗内カテゴリ1」の[定義編集]をクリック

    futureshopの「メイングループ」を選択し、登録


[定義を登録]をクリック

「メイングループ」には基本の「店舗内カテゴリ2~5」を紐づけないで下さい。

基本の「店舗内カテゴリ2~5」は、固定でfutureshopの「サブグループ」と紐づけられています。
また、項目変換の際に行われる処理の順番は下記のとおりです。
(1)メイングループ→「店舗内カテゴリ2~5」への変換
(2)サブグループ→「店舗内カテゴリ2~5」への変換

このため、「メイングループ」に「店舗内カテゴリ2~5」を紐づけて変換を行っても、サブグループの値で上書きされてしまいます。

2.サブグループの変換

【本システム画面】

  1. [商品]→[ページ管理]より[編集]をクリック
  1. 店舗を選択して商品を検索

    ※検索方法は下記をご参照ください。

    基本 / ページデータの検索

  2. 対象の商品をチェック
    (表示されている全商品を対象とする場合は[全てチェック]をクリックしてください。)
  3. [項目変換実行]をクリック


店舗選択にて[基本]を選択

(左図の検索結果は楽天の店舗を選択した際の表示内容です。futureshopの場合は項目名が異なります。)

  1. 変換先の項目の最下部に表示されている[カテゴリ]をチェック

    項目変換を実行する

※サブグループに紐づけられるのは、本データの[店舗内カテゴリ2~店舗内カテゴリ5]です。項目を変更することはできません。