楽天ペイ切り替え前の設定リスト ID:21068

楽天の「旧受注システム」から「楽天ペイ」に切り替える前に必要な設定リストです。
(ステップ1~3は必須です。)

※在庫連携のみご利用の場合は、本システム側で新たに行う作業はありません。
(楽天ペイへの切り替えは、あくまで受注システムの切り替えなので在庫連携には影響ありません。)

本設定の役割

本ページの設定は「切り替え前」に行う内容です。
手順通りに設定を終えた後、利用開始日(=楽天ペイ切り替え日)が来ると、楽天ペイの注文が取込可能となります。

ステップ1.支払発送変換設定

楽天ペイ切り替えに伴い、楽天側の決済方法名称が全店舗で統一となりました。
受注伝票に支払方法を正しく取り込むために、楽天側と本システム側の支払方法の紐づけを行ってください。(名称が正しく紐づけられていない場合、受注伝票に支払方法が取り込めません。)

支払方法の取込設定【楽天市場(楽天ペイ)】

ステップ2.配送方法の取込設定

楽天ペイ切り替え後、受注CSVから配送方法を抽出する方法が変更されます。
下記をご参照の上、設定の見直しおよび修正をお願いいたします。
(受注APIをご利用の場合も、念のため設定をお願いいたします。)

配送方法の取込設定(受注CSV)【楽天市場(楽天ペイ)】

ステップ3.利用開始日の登録

本システムに、楽天ペイ利用開始日を登録します。
利用開始日が来ると、楽天ペイの受注が取り込み可能となります。

利用開始日の設定【楽天市場(楽天ペイ)】

楽天市場に複数店舗を出店している企業様へ

本システムと連携するには、すべての店舗の楽天ペイ利用開始日が同日である必要があります。
万が一、利用開始日が異なる店舗がある場合は楽天市場側にご連絡いただき、同日になるよう調整してください。

ステップ4.メール文面の確認(銀行振込・コンビニ決済のみ)

楽天ペイでは、購入者への振込依頼メールや払込番号のお知らせメールは、楽天側から自動送信されます。
楽天口座決済(銀行振込)、およびコンビニ決済の購入者に本システムからメールを送信していた場合は、文面の変更を行ってください。

メール文面の変更手順は下記をご参照ください。

自動送信メールのテンプレート設定

メール文面内に支払方法別のメッセージを挿入していた場合は、下記をご参照の上変更を行ってください。

メールに支払方法別メッセージを自動挿入

(補足) よくいただくご質問

■「楽天ペイって何が変わるの?」が知りたい場合
楽天ペイに切り替えると、受注APIで自動連携できる内容が大きく変わります。
事前に確認したい場合は下記をご参照ください。

楽天ペイ切替で変わること(受注処理:API編)

■設定中や運用スタート時の「?」を解決したい場合
下記より、楽天ペイに関するQ&Aをご確認ください。

Q&A|楽天ペイ(期間限定)